シンポジウム「日本のスポーツを考える」

東京オリンピックが2020年に開催されることが決まり、久しぶりの明るい話題に日本中が沸いております。

しかしながら、翻って考えると、我が国においてスポーツは真に根付いているでしょうか?あるいは、スポーツに関する理解が十分でしょうか?

体罰は後を絶たず、競技団体の不祥事も頻発している現状を冷静にみると、五輪招致の決定に浮かれてばかりはいられない現状が見えて参ります。

私たちは、五輪開催決定の朗報に水を差すつもりではありません。むしろ、開催までの7年間は、我が国においてスポーツの健全な理解を促進する絶好の機会と捉えております。そして、本シンポジウムをスタートとし、現状の課題の提起を致したいと考えております。

2020年には、胸を張って世界のスポーツ仲間を「ようこそ」と迎えようではありませんか。

日 時
2013 年 12 月 10 日(火)
19 時 00 分 ~ 21 時 00 分(18:30開場)
場 所
青山ベルコモンズ9Fクレイドルホール 〒107-0061 東京都港区北青山2-14-6 map ■東京メトロ・銀座線外苑前下車3番出口 徒歩2分。
入場料
入場料:大人1,000円 / 学生500円
パネラー
潮智史(朝日新聞編集委員)
遠藤利明(衆議院議員/スポーツ議員連盟幹事長/2020年東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟幹事長)
玉木正之(NOBORDER SPORTS主筆・編集長 スポーツ評論家)
西野努(オプト・スポーツ・インターナショナル代表取締役)
広瀬一郎(スポーツ総合研究所代表取締役)

(敬省略・50音順)
主 催

NPO法人「スポーツマンシップ指導者育成会」

ぴあ株式会社

スポーツマンシップ 授業DVD&PDF ダインロード 無料 サッカーマーケティング DVDブック 特典付き スポーツ・マネジメント理論と実務(東洋経済新聞社) 発売! \3,750(税込)
スポーツを学ぶ! スポーツを仕事にする「スポーツビズ」 Football Museum オープン スポーツ総合研究所株式会社 所長「広瀬一郎」について Book Review 「Jリーグのマネジメント」

▲PAGE TOP